マスク着用の考え方について【6/1更新】

福岡県コロナ警報の解除や感染状況の収束を受け、マスク着用に関する考え方が厚生労働省より通達されております。

当公園でのご利用にあたっても下記の考え方に沿って各自ご対応をお願いいたします。

 

1.屋外でのマスク着用について
・ ランニングなど離れて行う運動や、鬼ごっこのような密にならない外遊びなど、屋外で、2メートル以上を目安として他者との距離が確保できる場合はマスクの着用は必要ありません。
・ 徒歩での通勤など、屋外で人とすれ違うことはあっても、会話はほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要はありません。屋外であっても、近い距離で会話をするような場面では引き続き、マスクの着用をお願いいたします。
・ 夏場については熱中症になるリスクが高くなるので、上記のマスクを着用する必要はない場面では、マスクを外していただくことを推奨します。

2.屋内でのマスク着用について
・ 他者との距離が確保できており、会話がほとんどない場合は、マスクの着用は必要ありません。一方、会話を行う場合は着用をお願いいたします。
・ 距離が確保できない場合で、会話を行うときはマスクの着用をお願いいたします。

3.子どものマスク着用について
・ 子どものマスク着用については、2歳未満はマスクの着用の必要はありません。
・ 2歳以上の未就学児は、個々の発達の状況や体調等を踏まえ保護者による着用の判断をお願いいたします。


なお、施設内に感染者が生じている場合やイベントの状況などによっては、施設管理者等の判断により可能な範囲でマスク着用を求める場合がございますが予めご了承ください。

 

マスク着用のルールについて

ページの上部へ